「暗闇」をつくると

日々
無意識に酷使しているから
なかなか疲れの原因が
取り除けない場合があります。

「目」もそのひとつ。

起きてから寝るまで
目を使わない時間って
ほぼないですよね。

仕事の休憩中であっても
スマホや読書、メールのチェックなど
目だけは休めずフル活動。

脳が処理する情報のうち
8割以上は視覚からくるものなのだとか。

本当に休まるのは
眠っているときだけ。
そりゃ、
しばしばしたり
充血したり
頭痛までしてきたり
いろんなSOSが出てくるわけです。

意識して
目の疲れを上手にリセットすれば
疲れもかなり軽減します。

目の疲れをリフレッシュする方法は?

私は家にいて時間がある時には
ホットタオルに好きな香りを一滴。
じんわりあっためて血行を良くして~
なんて手間をかけたりもしますが

外の場合は時間もないし
特別な道具も必要ない
簡単なリフレッシュ方法があります。

パーミング(Palming)

といって、
水をすくうような形にして
両手をくぼませ
瞼にあたらないようにしながら
目の周りを覆う方法です。

位置は、てのひらの付け根が
ほお骨に当たる感じになります。

指の隙間はぴったり閉じて
光が入らないように工夫します。
中でパチパチ瞬きしたり
暗闇をじーっとみたりします。

暗い環境を作ってあげて
視界をいろんな情報から遮断します。

プラス自分の手の温かさでも
目の筋肉がほわ~んとゆるみ
疲労回復になりますよ。

数分で効果が出ますので
作業のすきま時間にぜひ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントの入力は終了しました。