アロマセラピーについて

aboutaroma

アロマセラピーとは

アロマセラピーは、植物から採取した天然の芳香成分『精油』を使った『健康・美容増進』のためのセラピーです。

  • 病院にいくほどではないけれど身体の不調がある
    (疲労感・むくみ・冷え・こり・ストレス・気分の変化など)
  • 植物の自然な香りが好き
  • シンプルなスキンケアに興味がある

そのような方に、ぴったりのセラピーです。

アロマテラピーは治療を目的とした医療行為ではありません。

精油とは

essencial-oil
アロマセラピーで使う精油は「エッセンシャルオイル」ともいいます。

精油は天然の植物の成分100%から採取した芳香成分です。

精油の性状はさらっとしていたりどろーっとしていたり、最初から香りがたちやすいもの、後からじわじわっと香り持続性があるものなど、成分によってそれぞれ個性があります。

効能もそれぞれ。気持ちを落ち着けたり、元気にしたり、むくみに良いものや、肩こりに良いもの、スキンケアが得意なものなどなど。ひとつの精油の中にはいくつもの効能・成分があり、それらが混ざり合っています。

植物の種類や部位によって精油の採取できる量が変わってきます。大量の植物からほんの少ししか取れない精油もあります。たとえば、希少価値精油である「バラの精油」は1滴を取り出すのに約50本分ものバラの花が必要です。

spicaでは、『フロリハナ』のオーガニック精油をメインに取り揃えております。

『フロリハナ』はフランス農務省認定機関「エコセール」により、有機栽培としての品質認定を受けているブランドです。

精油はフレッシュなものなので、spicaでは品質管理にも十分注意を払っております。

サロンへお越しの際は、40種類以上の精油の中から香りをお楽しみいただけます。

キャリアオイルとは

macamemia-oil
精油は原液でお肌に使うと濃すぎてしまうので、薄めるための基材としてキャリアオイルを使います。

キャリアは『運ぶ』という意味ですが、精油をお肌から浸透させ、スムーズに血液中に運ぶ手伝いもしてくれるのがキャリアオイルです。

spicaで使用しているオイルは低温圧搾、「マカデミアナッツ油」

成分は人間の皮脂と似た成分(パルミトレイン酸)がたっぷり含まれ、肌なじみがとても良く、保湿にも優れています。

また、パルミトレイン酸は皮膚の再生に不可欠な成分ですので『エイジングケア』にも向いています。

フェイシャル用のオイルには、「アルガン油」をブレンドします。「モロッコの黄金」と呼ばれる高級美容オイルで、抗酸化(お肌を老化から守る)・集中保護(日焼け前後のケア)・栄養補給(高い浸透力と細胞の修復)を得意とします。

ナッツアレルギーの方、オイルが合わない方は別のオイルもご用意しております。ご相談ください。

香りのブレンド

お客様の体調やその日のご気分よって必要な精油は変わってきます。

お客様のお好み・体調などに合わせた精油をいくつかご提案いたします。ピンときた香りはありましたか?「好き」「嫌い」の感情は人間の本能。本能のおもむくままに好きな香りをお選びください。

ひとつひとつの香り、数種類をブレンドした香り、それぞれ印象が変わります。香りのハーモニーを楽しんでくださいね。

お客様に選んでいただいた精油香りの強さ・持続性・バランスを考慮しながら、セラピストがその場でブレンドいたします。

あなただけの『オリジナル・ブレンドオイル』でのトリートメントをご堪能ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする